千葉ならではの葬儀

葬儀に参列したことがある人、身内の葬儀があったことのある人は数多くいると思いますが、葬儀というのは故人の宗教や地域によって、少しずつ異なるのをご存知でしょうか?一定の地域や身内の葬儀しか参列したことがないとなると、それが当たり前と思ってしまいますが、実は葬儀にも色々あるんです。

関東地方の千葉県にはどの様な葬儀の特徴があるでしょうか?

「前火葬」というのは、告別式よりも前に火葬をする形式のことをいいます。

一般的に告別式で最後のお別れをした後に「後火葬」されるものですが、千葉の館山、安房などの房総地域では「前火葬」が一般的になっています。

「前火葬」にも通夜の前、通夜の翌朝とタイミングが更に各地域で異なります。

「葬式組」というのは、地域の人たちの集まりが通夜式、告別式の準備をする集まりのことで、東京に近い地域でももともと農村部であったり、また海沿いの地域でも今なお見られます。

「長寿銭」というのは、長寿を全うした故人をお祝いするために参列者に五円玉を紅白の水引の袋にいれて渡すものです。

紅白の饅頭を配ったりすることもあります。

「夜伽」というのは、通夜式が終わった後に、故人の側で遺族や近しい人が過ごすことを言います。

この「夜伽」は千葉だけではなく、割と日本全国でも幾つかの地域で行われています。

関東地方の千葉県では葬儀にどの様な特徴があるのかといえば、「前火葬」「葬式組」「長寿銭」「夜伽」などがあります。

※参考ページ=>URL:http://www.shredhdxnutrition.com/

Welcome , today is 木曜日, 2016年9月29日